SOLIDWORKSは、なぜ同じ名前のファイルを作ってはいけないのか?

SOLIDWORKSでは、基本的に同じ名前のファイルを作成してはいけません。

もちろん、部品と図面とかアセンブリと図面は同じ名前をつける必要があります。

そうではなくて、同じ名前の部品がある、同じ名前のアセンブリがあるというのが問題になってきます。

 

これは、同じファイル名の部品があると使用者が混乱するということもあるのですが、SOLIDWORKSの仕様の部分も関係しています。

SOLIDWORKSは、なぜ同じ名前のファイルを作ってはいけないのか?

外部参照の情報よりも優先されるもの

以前の外部参照に関する動画で、SOLIDWORKSのアセンブリや図面は、外部参照の情報として、部品のフォルダとファイル名の情報を持っているという話をしました。

その時は、アセンブリは自分の持っている外部参照というリストから、部品やサブアセンブリなどを呼び出していると説明しています。

 

しかし、SOLIDWORKSのアセンブリは「必ず外部参照先のフォルダの部品を読み込んでいる」わけではありません。

 

例えば、アセンブリの外部参照にある部品ファイルと同じ名前の部品ファイルがSOLIDWORKS上に開いていたとします。

そのファイルは、外部参照に記載されているフォルダと違う場所のものです。

 

その時に、アセンブリファイルを開くと、外部参照にあるファイルではなく、SOLIDWORKS上で開いている部品ファイルを参照部品として認識します。

全く違う部品でも同じファイル名であれば、アセンブリはSOLIDWORKSで開いている部品を最優先するのです。

 

これは、SOLIDWORKSの外部参照をできるだけ維持できるようにするための仕組みで、外部参照先フォルダに目的のファイルがなかったときに、できるだけファイルを探すようになっています。

そして、アセンブリがSOLIDWORKSで図面を開いているファイルを優先して参照するというのは、その機能の1つです。

 

SOLIDWORKSで開いているファイルが最優先というのが、いちばんわかり易い例なのですが、他にも様々な条件があります。

そのため、同一ファイル名が存在すると、知らない間に部品が入れ替わっていたということが起こってしまいます。

 

だから、SOLIDWORKSでは同一ファイル名でファイルを作らないように言われるのです。

 

詳しくはヘルプの『参照ドキュメントの検索ルーチン』を見てください。

SOLIDWORKSの管理をしている人にとって必須の内容です。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。