SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの中心線/中心マークと詳細設定を設定する

中心線/中心マークと詳細設定は、ドキュメントプロパティ内では違う位置にありますが、関連するところがあるので両方一緒に書いていきます。

円弧、円、スロットの中心マークや中心線の設定だけでなく、詳細設定には破断線の設定などもあるので大切な部分になります。

特に数値の設定に関しては実際に確認しながら決めていくといいでしょう。

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの中心線/中心マークと詳細設定を設定する

『詳細設定』の表示フィルターを設定する

表示フィルターでチェックが入っている項目が図面内で表示されます。

ここで、チェックを外したものは、どれだけ図面上で記入しようと表示されません。

基本的には、デフォルトの設定のままで問題ありません。

『詳細設定』のビュー作成時に自動で挿入を設定する

ここにチェックが入っているものは、ビュー作成時に自動的に挿入されます。

中心マーク-穴-部品

このチェック入っているときは、穴に中心マークが自動的に挿入されます。

中心マーク付穴パタンの接続線

このチェックが入っていると、接続線付きの中心マークが自動で挿入されます。

 

【中心マーク-穴-部品】と【中心マーク付穴パターンの接続線】ですが、私はチェックを外しています。

どうしてかというと、自動で入ると逆にめんどくさいことのほうが多いからです。

実際に、設計者からも自分の考えていた通りに線が入らないから、あとから自分で入れたいと言われたこともあります。

 

感じ方は人それぞれですので、最初はチェックを入れて試してみることをおすすめします。

そして、もし不都合があるならチェックをはずすようにするといいでしょう。

それ以外のものは、自動で入るとめんどくさいものが多いので、基本的にはチェックを外したままで使用します。

『詳細設定』の領域のハッチング表示を設定する

【アノテートアイテムの周辺に空白領域を表示】にチェックを入れると、アノテートアイテムにハッチングが掛からないようになります。

『詳細設定』のビューの破断線を設定する

隙間は、破断線間の距離になります。

延長は破断線がとび出ている距離になります。

 

破断線でギザギザを使用しているとき

【ギザギザの輪郭のスケール】にチェックを入れると、ビューの尺度に合わせてギザギザの大きさが変わります。

『中心線/中心マーク』のレイヤーを設定する

作成したレイヤーがあるときはレイヤーを変更します。

『中心線/中心マーク』の中心線を設定する

【中心線の延長】中心線の飛び出し部分の長さです。

中心線はドキュメントプロパティで値を決めてしまうとほかに数値で変更するところがありません。

飛び出し量はスケール関係なしに一定なので、よく使う尺度のときに最適な長さになるようにしておきましょう。

そして、あとは端点をマウスでドラッグして伸ばしたり縮めたりしながら長さを適当に変更します。

『中心線/中心マーク』の中心マークを設定する

円とスロットの中心マークの設定です。

サイズは、円から飛び出ている部分の距離になります。

このサイズは、プロパティマネージャー上で個別に変更が可能ですので、いろいろと試してみてからドキュメントプロパティの値を決めるようにしましょう。

 

スロット中心マークですが、これはスロットに挿入する中心マークの種類を選択します。

 

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。