SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの寸法を設定する

SOLIDWORKSで図面のドキュメントプロパティ内にある『寸法』の設定方法について書いていきます。

 

この寸法の設定は、図面の見た目にも関係し、いろいろなところに設定内容が反映されます。

SOLIDWORKSを使い始めのとき、図面の見た目に違和感を感じる人も多いので、2次元CADに近づけるようにしておきましょう。

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの寸法を設定する

ドキュメントプロパティの寸法を設定する

フォント

『寸法』で設定したフォントは、ドキュメントプロパティの寸法関係全てに適用されます。

フォントの種類は図面にして見やすいものを選びましょう。

代替単位

代替単位を使用しているときは設定をします、

下図のようにチェックが入っていると

このように表示されます。

代替単位を使用しないときは、デフォルト設定のままにしておきます。

主要位数/代替位数

デフォルトの少数位を設定します。

 

『角度』と『角度累積寸法』以外は、ここで設定した少数位が適用されます。

分数表示

IPS (インチ、ポンド、秒) 単位のときのみ関係します。

IPS単位を使う人は設定をしてください。

ゼロ

ゼロは、寸法の先頭のゼロ表示と小数点のゼロ表示の設定です。

表示させないときは、削除を選んでください。

矢印

スタイルからデフォルトの矢印を選びます。

そして、数字で矢印の開き具合や大きさをを変えていきます。

オフセット距離

オフセット距離は基準線寸法で寸法を入力したり、寸法線を自動整列したときの寸法のオフセット距離を指定します。

寸法補助線/引出線の破断

寸法線と引き出し線などの重なり部分で、寸法線を破断したときの寸法線と引出線のとの間隔です。

補助線

円弧/直径引出線のスナップ角度

円弧と直径寸法の引き出し線を、ドラッグするときのスナップ角度です。

使いやすい角度を設定してください。

ただ、小さい値にすると操作性が落ちます。

公差

寸法公差の設定を行います。

注意点としては、『公差タイプ』を選んでおくと全ての寸法に、設定された公差が表示されます。

しかし、公差のデフォルトのフォントサイズは公差を選択しているときしか設定できません。

フォントサイズだけ変えたら、公差タイプを『なじ』にしておくというのも1つの設定方法です。

テキスト中央揃え

ここにチェックが入っていないときに寸法を入力すると、マウスでクリックした場所に寸法の数字が入ります。

そのため、『テキスト中央揃え』にチェックを入れて寸法の数字が常に真ん中に入るようにしておきます。

そして、必要に応じて各寸法線から『寸法中央揃え』のチェックをはずす方が使いやすいでしょう。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。