SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの線のフォント、種類、太さを設定する

線のフォント、線の種類、線の太さの3か所で、SOLIDWORKSの図面で使用する線を管理しています。

 

『線の種類』で実践や中心線、2点鎖線などの外観を決め、『線の太さ』で図面で使用する線の太さを定義します。

そして『線のフォント』で、どの場所にどんな種類でどの太さの線を使用するのかを決めています。

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの線のフォント、種類、太さを設定する

『線の種類』を設定する

『線の種類』で設定したものだけがSOLIDWORKSの図面で使用することができます。

初期設定で8種類が設定されていて、これ以上増やしたりする必要はあまりありません。

ただ、破線や2点鎖線、中心線などの線の間隔などを変えたい人はいることでしょう。

その時にどうやって、線の間隔を変えるのか中心線を例に説明していきます。

 

中心線は『線の長さと間隔の値』がこのようになっています。

まず、頭にあるアルファベットですが、【A】と【B】線の両端を表します。

【A】
【B】

このように【A】を【B】にすると線の両端が、太い線になります。

 

数字は、それぞれこのように対応しています。

プラスの数字が線の部分、マイナスの数字が間隔の部分になります。

それぞれの数字はカンマで区切りって設定し、これが繰り返されて長い線になっていきます。

 

この数字ですが、ヘルプを見ると「線の種類で使用される単位は、ドキュメントで設定された単位に基づいています」と書いてあります。

しかし、どんな数字を表しているのかわかりません。

そのため、変更する場合はいろいろと数字を変えてみて、確認しながら変更をしていってください。

『線の太さ』を設定する

それぞれの線のサイズに対する、線の太さが設定されています。

JISで規定されている線の太さの基準が入力されています。

もし、2次元CADで違う太さの線を使用しているようであれば、そちらに合わせて変更するのもいいでしょう。

しかし、特に問題がないようなら変更せずに使用します。

『線のフォント』を設定する

それぞれの場所に使う、線の種類と線の太さを決めていきます。

可視エッジはモデルの外形線、隠れエッジは陰線部分、スケッチカーブはスケッチの『線の種類』と『線の太さ』を決めています。

 

SOLIDWORKSの図面で基本的に使用される線についての設定はここでできます。

しかし、ここの設定にないもの例えば部品を創造線したいという場合は、個別に線の種類、太さを設定する必要があります。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。