SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの直径、穴寸法テキスト、半径を設定する

SOLIDWORKSのドキュメントプロパティのなかにある、『直径』『穴寸法テキスト』『半径』の設定方法について書いていきます。

 

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』の表記方法は、それぞれ細かな違いがあると思います。

現状の設計業務で使っている表記方法に合うように、設定してください。

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの直径、穴寸法テキスト、半径を設定する

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』のレイヤーを設定する

作成したレイヤーがあるときはレイヤーを変更します。

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』のテキスト位置を設定する

テキスト位置を、3つの中から選びます。

実線、整列テキスト
破線引出線、水平テキスト
破線引出線、整列テキスト

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』の引出線/寸法線のスタイルと補助線のスタイルの設定をする

引出線や寸法線、補助線の線種と太さを変更したい人は設定してください。

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』のテキストを設定する

テキストの【水平】は中央、【垂直】は中間で設定して、もし問題があったら変更してください。

『寸法』でフォント設定をしている場合は、その設定が適用されているか確認をします。

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』の代替単位を設定する

代替単位を表示したいときは『2単位表示』にチェックを入れます。

【上】【下】【右】【左】のチェックで、代替単位を挿入する場所を決めます。

 

寸法と代替寸法に単位を表示したいときは『2単位表示で単位を表示』にチェックを入れます。

 

『直径』『半径』だけには、『テキストの位置が”実線、整列テキスト”の場合に分割』があります。

寸法と代替寸法を寸法線をはさんで表示したい場合は、にチェックを入れます。

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』の主要位数、代替位数を設定する

上の段が寸法で下の段が公差の主要位数、代替位数です。

『寸法』で設定したものが、引き継がれています。

『直径』『穴寸法テキスト』の”2つ目の外側矢印表示”を設定する

チェックを入れるとこのように寸法の反対側に矢印が挿入されます。

『直径』『穴寸法テキスト』『半径』の”引き出し線を実線”を設定する

円の中の線を表示するか、しないかを決めます。

チェックあり

チェックなし

 

『直径』の短縮表示を設定する

”自動”のチェックを入れておくと、図面ビューに対して直径がものすごく大きなとき自動的に短縮表示してくれます。

その下の矢印2つは、短縮表示するときの矢印の表記方法です。

 

『穴寸法テキスト』の”カウント区切り記号”を設定する

”カウント区切り記号”とは穴の個数と寸法値の間に入る、区切り記号です。

 

【ドキュメント標準使用】というのは、ドキュメントプロパティで設定している規格で、今回はJIS規格になります。

【穴標準使用】は、穴ウィザードで使った規格が適用されます。

そのため、穴ウィザードでANSIを使えばANSI表記になります。

基本的には、『ドキュメント標準仕様』にしておきます。

『半径』の”矢印の配置”を設定する

【従来型】【テキスト位置に従ったスマート矢印表示】【寸法から離れる向きで円弧に添付するスマート矢印】で矢印の位置が変わります。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。