SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの直線と累進寸法を設定する

ドキュメントプロパティの『直線』と『累進寸法』は、寸法の中で使用頻度が高いものです。

しかし、多くの人はほとんど設定変更をする必要はないでしょう。

SOLIDWORKSをしばらく使用してみて、違和感を感じるところがあったら変更しても問題ありません。

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの『直線』と『累進寸法』を設定する

 

まずは『直線』と『累進寸法』に共通する設定から説明していきます。

『直線』と『累進寸法』のレイヤーを設定する

作成したレイヤーがあるときはレイヤーを変更します。

『直線』と『累進寸法』の引出線/寸法線のスタイルと補助線のスタイルの設定をする

引出線や寸法線、補助線の線種と太さを変更したい人は設定してください。

『直線』と『累進寸法』のテキストを設定する

テキストの【水平】は中央、【垂直】は中間で設定して、もし問題があったら変更してください。

『寸法』でフォント設定をしている場合は、その設定が適用されているか確認をします。

『直線』と『累進寸法』の代替単位を設定する

代替単位を表示したいときは『2単位表示』にチェックを入れます。

【上】【下】【右】【左】のチェックで、代替単位を挿入する場所を決めます。

 

寸法と代替寸法に単位を表示したいときは『2単位表示で単位を表示』にチェックを入れます。

 

『直線』の設定だけには、『テキストの位置が”実線、整列テキスト”の場合に分割』があります。

寸法と代替寸法を寸法線をはさんで表示したい場合は、にチェックを入れます。

『直線』と『累進寸法』の主要位数、代替位数を設定する

上の段が寸法で下の段が公差の主要位数、代替位数です。

『寸法』で設定したものが、引き継がれています。

『直線』のテキスト位置を設定する

テキスト位置を、3つの中から選びます。

”破線引出線、水平テキスト”はドキュメントプロパティの表示では全く分からないため、実際に寸法を入れたときの表示にしてあります。

実線、整列テキスト
破線引出線、水平テキスト
破線引出線、整列テキスト

 

『外側矢印の寸法線を削除』は、寸法の矢印が外側にあるとき、

チェックを入れると、内側の寸法線が非表示になります。

『直線』の短縮表示を設定する

短縮表示の自動のチェックをつけると、詳細図など寸法線の片方がビューの外部にあるときに寸法線が短縮表示されます。

チェックあり
チェックなし

『累進寸法』の矢印付累進寸法を設定する

矢印付累進寸法にチェックが入っていると、寸法に矢印に矢印が表示されます。

チェックあり
チェックなし

『累進寸法』の自動的に累進寸法にジョグを設定を設定する

自動的に累進寸法にジョグを設定ににチェックが入っていると、寸法文字が重なる場合にジョグが挿入されます。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。