SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの注記、リビジョン雲、表面粗さ記号、溶接記号を設定する

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの注記、リビジョン雲、表面粗さ記号、溶接記号の設定について書いていきます。

 

どの設定も、レイヤーやフォントなど基本的なもので難しい設定はありません。

ただ、注記と溶接記号は直接表記方法に関わる部分があるため、少し細かく説明しています。

SOLIDWORKS図面でドキュメントプロパティの注記、リビジョン雲、表面粗さ記号、溶接記号を設定する

ドキュメントプロパティの注記を設定する

注記の設定は、レイヤーの変更をして、テキストがアノテートアイテムで設定した内容になっているか確認します。

『フォーマット』は下図に示す部分の間隔を設定するものです。

デフォルトは1mmになっていますが、もっと段落の間隔を狭めたい、もしくは広げたいときは、数字を変更します。

『引出線の整列スナップ』のチェックボックスは、バルーンの設定で話をしていますので、下の動画を参考にしてください。

『引出線の整列スナップ』の説明部分から動画が始まります。

ドキュメントプロパティのリビジョン雲を設定する

リビジョン雲とは、図面上で変更箇所など注意をうながすために使用します。

ここではレイヤーの変更して、必要であれば線種と最大円弧半径を変更します。

ドキュメントプロパティの表面粗さ記号を設定する

表面粗さ記号ですが、記号の種類などは図面に挿入するときに選ぶことになりますので、ここでの設定は基本的なものだけです。

まず、レイヤーの変更とフォントの確認をします。

引き出し線、JISの製図規定では折れ線で表記されているので、今回は折れ線にしています。

そして、JISが表面粗さ記号のサイズは、希望する大きさになるように決めます。

ドキュメントプロパティの溶接機能を設定する

『内側ルール間隔フォント』について説明します。

溶接記号を図面に挿入するときに、ルート間隔入力欄の横に『内側』というチェックがあります。

このチェックを入れると、下図のように溶接記号内にルート間隔が表示されます。

このときのフォントの設定が、『内側ルール間隔フォント』になります。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。