SOLIDWORKS図面での仮想線の設定方法と作成方法

フィレットや面取りの多い部品だと、仮想線が必要になることが多くあります。

しかし、いざ仮想線を作りたいとなったときに、どうしたらいいのかわからないことがよくあることです。

そこで今回は、図面のドキュメントプロパティにある仮想線の設定と、仮想線の2つの作り方ついて書いていきます。

SOLIDWORKS図面での仮想線の設定方法と作成方法

仮想線を設定する

仮想線は5種類あります。

普段使用している仮想線を選んでください。

仮想線の作り方

仮想線の作り方は2種類あります。

単純に仮想線だけを作る方法と、寸法を挿入するときに同時に仮想線を作る方法です。

 

まず、単純に仮想線だけを作る方法です。

最初に、仮想線を作りたいフィレットや面取りの片方の線をクリックします。

もう片方線をCtrlキーを押しながらクリックします。

2つの直線が選択されている状態で、スケッチの『点』を挿入します。

これで、仮想線ができました。

 

次に、寸法線を挿入するときに、同時に仮想線作る方法です。

スマート寸法で、仮想線を作らないほうを選びます。

そして、仮想線を作りたいフィレットや面取りの片方の線を、右クリックして『交点検索』を選択します。

もう片方の直線をクリックします。

そうすると、寸法と一緒に仮想線が作られます。

 

仮想線の作り方は、どちらも必要になってくるので両方覚えておくと便利です。

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。