SOLIDWORKSのパックアンドゴー(Pack and Go)の使い方

SOLIDWORKSのパックアンドゴー(Pack and Go)は、SOLIDWORKSの運用が軌道に乗ってきてデータの活用がはじまると使う頻度が多くなってくる機能です。

特に使い方が難しいわけではありませんが、クセがあるので最初はちょっと戸惑う人もいるかも知れません。

でも、SOLIDWORKSを使う上では大事な機能なので、しっかりと使えるようにしておきましょう。

SOLIDWORKSのパックアンドゴー(Pack and Go)の使い方

パックアンドゴー(Pack and Go)とは?

アセンブリの構成部品がが数十、数百になることは普通のことです。

そして、その部品の中には共通部品があったり購入品があったりします。

そうすると、アセンブリの構成部品はあらゆるフォルダに散らばって保存されています。

 

SOLIDWORKSでは、部品の共有化が必要なので、これは当たり前のことです。

逆に全ての部品が同じフォルダに存在するという状況は、同じ部品のモデルを複数持っているということであり、あらゆる面で非効率的だと言えます。

 

しかし、プレゼンテーションをしたいから、他の場所で仕事をしたいからとアセンブリのデータを持ち出そうとすると、構成部品がいろいろなところに散らばっていると逆に困ることが起こります。

それは、全ての部品をフォルダから探し出すことができないからです。

 

そんなとき、アセンブリに含まれている構成部品を全て集めてパーケージングしてくれるのがパックアンドゴー(Pack and Go)です。

パックアンドゴー(Pack and Go)の使い方

パックアンドゴー(Pack and Go)は【ファイル】⇒【Pack and Go】で開くことができます。

 

下図で囲んだ部分に表示されたアセンブリや部品がパーケージングされます。

パックアンドゴー(Pack and Go)に図面、シミュレーション結果を含める

パックアンドゴー(Pack and Go)では、図面、シミュレーションの結果、Toolbox構成部品、外観やシーンも一緒に持ち出すことが可能です。

図面を持ち出したい場合は『図面を含む』にチェックを入れると下図のようにアセンブリや部品の図面が全て添付されます。

しかし、全ての図面が含まれるので、トップアセンブリだけの図面がほしいという場合は、個別にチェックをはずすか後で消すしかありません。

パックアンドゴー(Pack and Go)の保存先

そのままファイルを保存するかZIPファイルで圧縮ファイルにするかを選びます。

パックアンドゴー(Pack and Go)のプレフィックスとサフィックス

プレフィックスというのはファイル名の前に文字を追加すること、サフィックスというのはファイル名のうしろに文字を追加することです。

SOLIDWORKSは同じファイル名が存在するとリンク関係で問題が発生するもとになってしまうこと。

それから、図面管理が煩雑になってしまうので、パックアンドゴー(Pack and Go)をするときは必ずプレフィックスかサフィックスのどちらかはつけましょう。

パックアンドゴー(Pack and Go)の保存フォルダ構造

『単一フォルダに平坦化』は、現状がどのようなフォルダ構成であっても全てのファイルが保存先としたフォルダにそのまま保存されます。

『全フォルダ構造を維持』にすると、もともとのフォルダ構造を維持した状態で保存されます。

『最小限のフォルダに平坦化』にすると、それぞれのサブアセンブリや図面が含まれているフォルダのみ作られ保存されます。

この3つの違いは、実際にパックアンドゴー(Pack and Go)をしてみて確認をしてください。

 

この3つフォルダ構造は状況に応じて使い分けるようにしましょう。

例えば、プレゼンテーションで持ち出したいときは、『単一フォルダに平坦化』に

設計者が外で設計業務を行いたいという場合は、フォルダ構成がしっかりしていないと困るため『全フォルダ構造を維持』を選ぶという感じです。

パックアンドゴー(Pack and Go)の図面添付での注意点

会社によっては、アセンブリや部品と図面を別フォルダに保存しているところもあるかもしれません。

その場合パックアンドゴー(Pack and Go)に図面を含めることはできません。

 

これは、SOLIDWORKSのファイルリンクから考えると分かることですが、アセンブリや部品と図面のリンク情報は図面側だけが持っているためです。

そのため、部品やアセンブリは図面が別フォルダになった時点で図面を探すことができません。

さらに、普通アセンブリや部品から図面を開こうとしても図面は呼び出せません。

 

パックアンドゴー(Pack and Go)したフォルダに後から図面を加える方法もありますが、参照リンクの関係でリスクが伴います。

Windowsのエクスプローラー上で同じ名前のファイルが並ぶと、ファイルが探しにくいこともありますがSOLIDWORKSでは図面を別管理しないほうが圧倒的に便利です。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。