SOLIDWORKSのシートフォーマットの保存と参照先変更

SOLIDWORKSの図面テンプレートは、差し替えをすることができません。

そのため、途中で「図枠を変更したい」となったとき、SOLIDWORKSでは図面テンプレートを変更するのではなく、シートフォマットを入れ替えるという方法をとります。

そのため、さまざまな用紙サイズのシートフォマットをファイルと用意して保存しておく必要があります。

 

そこで、今回は自分で作成した、シートフォーマットを保存する方法とシートフォーマットの参照先を変更する方法について書いていきます。

 

シートフォーマットの保存方法と参照先変更

シートフォーマットは全員で共有できる場所に保存し、図面テンプレートと同じように参照先を変更するようにします。

テンプレート・シートフォーマットに限らず共有する

SOLIDWORKSでは、共有できるファイルは全て共有します。

それが、もっとも効率よくSOLIDWORKSを管理するコツです。

 

図面テンプレートやシートフォーマットだけでなく、システムオプションの「ファイル検索」内にあるものは、サーバーなどにファイルを置けば共有可能です。

 

もちろん、使わない機能に関するものまで、設定する必要はありません。

しかし、SOLIDWORKSの生のデータをそのまま使っていては、設計効率・管理効率はいつまでたってもあがりません。

 

部品表も、各会社のそれぞれ決まったフォーマットがあるはずです。

また鋼材もネジも決まったサイズしか使用していないことがほとんどです。

しかし、SOLIDWORKSのデータは余分なものがたくさん入っていて、聞き慣れない表記のものもあります。

 

そのような中から、自分たちに関係あるものを毎回探し出しているのは、非効率的です。

 

最初に手間はかかりますが、できるだけ自分たちが必要な部分だけを抜き出して加工し、参照先に変更しておきましょう。

その1回の手間で、使用者・管理者ともに、すっとSOLIDWORKSを効率よく使用できるようになります。

 

シェアお願いします

質問はこちらから

の項目は必須項目となります。